参加費:無料

『改正個人情報保護法を見据えた不動産業界における これからのデジタルマーケティング』 ~各種規制から 今から準備すべき打ち手について解説~

【セミナー概要】

『改正個人情報保護法を見据えた不動産業界における これからのデジタルマーケティング』
~各種規制から 今から準備すべき打ち手について解説~

日時:2021年4月9日(金)17:30~18:30 ※希望者様には個別相談会も実施させていただきます。

主催:Priv Tech株式会社 × 株式会社LIFULL Marketing Partners

内容:
第1部 改正個人情報保護法に関する解説と、Priv Tech社サービスについて
登壇:Priv Tech 中道大輔

第2部  改正個人情報保護法を見据えた不動産業界の集客施策の見直しと準備
登壇:LIFULL Marketing Partners 斉藤秀典

まとめ&質疑応答

参加費:無料

<登壇者プロフィール>

中道 大輔
Priv Tech株式会社

代表取締役
ソフトバンクや、ヤフーを経て、現職。キャリアを通じて、データビジネス関連事業のビジネス・ディベロップメントに従事。現在は、ベクトルの子会社Priv Techにて、プライバシー・ファーストなデジタル社会を目指し、事業を展開。また、親会社ベクトルにて、6月からCPO(Chief Privacy Officer)に就任、グループを横断しユーザーのプライバシーを守るべく組織作りを行う。

斉藤 秀典
株式会社LIFULL Marketing Partners

事業開発部 部長
2009年 LIFULL(旧社名ネクスト)入社 不動産サイト LIFULL HOME’Sの営業・マネージャーとして
主に分譲マンション 戸建領域を担当。
2015年より LIFULL Marketing Partnersへジョイン。
広告代理事業と平行で海外投資家向けイベントやM&Aなどの新規領域を取り組み 現在は、新規サービス開発に従事。

【法改正に伴うプライバシー対策の必要性について】

ビッグデータやAIを駆使したビジネスやサービスが急拡大し、日常生活が便利になる一方で、
パーソナルデータの取り扱い方によってはプライバシー保護が脅かされることが社会的な問題となっています。
インターネットをビジネスに取り入れる全ての企業にとって、データの活用とプライバシーの保護を
両立させる「プライバシーテック」の重要性を理解することが求められるようになってきています。

海外においては「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」など、
早くから具体的な法整備とともに対策が講じられています。
また、日本においても、昨年6月に改正個人情報保護法(以下、改正法)が成立し、
施行後はパーソナルデータに対する個人の権利が強化されると共に、法令違反に対するペナルティも強化されていきます。
また法律の改正にとどまらず、プライバシー保護への関心は日本でも高まっており、
今後、企業はパーソナルデータの取得・取り扱いに関してより一層の注意と配慮が求められるようになります。
不動産領域に関しても、これまでのWEB広告のKPI変更や役割の分散、データの取り扱いなどを
現時点から準備していくことが求められます。

お問い合わせ

CONTACT US

ご依頼・サービスに関する問い合わせ・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

採用情報

JOIN US

インターネット・マーケティングを通して、
一緒に成長できる仲間を募集しています。